『リベットの実験』:自由意志は存在しない?

哲学
スポンサーリンク

我々は
自分の行動は “自分自身” で決めている。

いつも自分で自由に物事を判断し
「ああしよう」「こうしよう」と考えて、生きている。

『それは全部、幻想です』
と言ったら、どうしますか?

そんな馬鹿なことがあるかと
すぐに反論が飛んできそうですが

残念ながら、事実なんです。

私たちが “意識” だと思っているものは
“幻想” に過ぎないのです。

スポンサーリンク

『リベットの実験』

『リベットの実験』

1983年にベンジャミン・リベットという米国の生理学者が行った
『リベットの実験』というものがある。

これは
被験者に手首を曲げる動作をしてもらい
その時の脳活動を観察するという
とてもシンプルな実験である。

手首を曲げるなど、人が体を動かす時には
脳内で必ず「準備電位」が発生する。

この「準備電位」とは
脳が筋肉に対して「これからアナタを動かしますよ」と
事前に根回ししておくための、いわば《告知》だ。

つまり「準備電位」を計測すれば
“脳がいつ手首を曲げようと思ったか” が分かるのだ。

この『リベットの実験』
次の2段階で行われる。

第1段階
「準備電位」が発生したタイミング(時間)を正確に記録する。

第2段階
被験者本人が手首を動かそうと思ったタイミング(時間)を正確に記録する。

その結果
とても興味深く、同時に恐ろしい事実が明らかになった。

なんと、被験者本人が手首を動かそうと思った 0.35秒 前に
「準備電位」が起きていたことが分かったのだ。

つまり
被験者が「手首を曲げる」と意思を固める0.35秒前には
すでに脳内で「手首を曲げる」ことが決定されていたのである。

『リベットの実験』

よく考えてみて欲しい
これって、すごく気味の悪いことではないだろうか?

我々は “考えて決めた” と思いこんでいるが
その意志を固めるよりも前に、もう「手首を曲げる」ことは決まっていたのである。

測定に不備や誤差があったわけではない。

『リベットの実験』
他の様々な科学者によって追試が成され、同じ結果が出ている。

科学的に強力な裏付けがされているのである。

即ち、この実験が示唆していることは

我々に自由意志は存在しない。

物事を考え、決めていると思い込んでいる “意識”
0.35秒前に脳がすでに決定づけたことを後追いするだけの
“幻想” に過ぎないのである。

スポンサーリンク

哲学的な問い

哲学的な問い

これは非常に哲学的な問いを孕んでいる。

そもそも
この結論は変だと言えるのだろうか?

論理的に考えてみると
別におかしくないとも言える。

なぜなら
意識自体が「脳活動の産物」なのだから。

意識が物質的基盤を持ち
脳の活動によって引き起こされると考えるなら
むしろ逆に意識が先に現れることこそ、あり得ない。
意識が生じる前に、何かが始動していなければならない。

だから『リベットの実験』で得られた結果は
むしろ自然なことだと言える。

しかし
科学的側面から話をそのように整理すると
一つの巨大な哲学的問いが出現することになる。

じゃあ、そもそも
なぜ “意識” が存在する必要があるの?

だって
脳が我々の潜在意識(意識の外)で物事を判断し
意思決定をしているのであれば

わざわざ “意識” を作り
「ああしよう」「こうしよう」と考える “幻想” を見る必要性がない。

意識を持たない『人工知能ロボット』で何も問題ないのである。

でも、不思議なことに
我々はなぜか、ちゃんと “意識” を持っている。

今日はラーメンじゃなくて
牛丼の気分だから、吉野家に行こう。

そう考えて判断しているつもりになっているが
実際は、そこに自由意志はなく
脳が勝手に判断した決断を “見せられている” というのが
科学的に正しいわけだけれど

それではなぜ
それを “見せられる” 必要があるのか
説明がつかなくなるのである。

この命題は
慶應義塾大学大学院の前野隆司教授が提唱する
「受動的意識仮説」に通じている。

我々は自分自身を操作している “操縦士” ではなく
単に「私」という人生を観測している “観察者” に過ぎないという考え方だ。

つまり、魂と呼ぶべきものは
ただ “観測するため” に存在しているというのである。

もちろん
この哲学的な問いについて
今はまだ人類が正しい答えを導き出せるとは思えないが

この仮説については
量子力学の「観測問題」の観点からも支持される点が多いと思う。

この世界は “観測” によって、成立しているのである。
(この話については、とてつもなく興味深いので、また改めて記事にまとめたいと思います)

スポンサーリンク

「自由意志」はコントロールできる

「自由意志」はコントロールできる

『リベットの実験』の他にも
「自由意志」に関する面白い実験がある。

それはアルバロ・パスカル=レオーネが行った
次のような実験である。

右利きの被験者に
右手を動かすか、左手を動かすかをランダムに選ばせる。

「自由意志」に基づいて、本当に好きな方を。

統計的に右利きの人は
約60%の割合で右手を動かすと分かっている。

しかし、その意思決定のタイミングで
被験者には何も告げず、磁場で右脳を刺激すると
約80%の人が左手を動かすようになる。

左手を支配している右脳に刺激を与えると
無意識のうちに左手を選択してしまうのである。

この実験の興味深い点は
被験者は、外的な操作を受けているにも関わらず
自分の「自由意志」で動かす手を選んだと思っていることである。

被験者は、自分自身が操作されていることに気付いていないのだ。

この実験からも
我々の “意識” には、選択権がないことがよく分かる。

脳が化学的・物理的刺激に従って意思決定を行い
我々は、それを自分が判断したと錯覚しているにすぎないのである。

このレオーネの実験から示唆されることは、もう一つある。

磁場を活用すれば、人の行動を操れる可能性があるということである。

例えば、スマートフォンにその仕組みを組み込んでおけば
「商品を買わせる」とか「契約にサインさせる」とか
人の行動を自由自在に操作できるかもしれないのである…

今回の結論

これって、恐ろしいことですよね…

今日の記事はこれで以上になります!
次の更新をお待ちください!

《参考》
「怖くて眠れなくなる科学」
竹内薫(著)

コメント

タイトルとURLをコピーしました